巻き爪に対するワイヤー治療

巻き爪は、履物による圧迫や歩行の頻度、歩き方のバランスなどが発症に関与している可能性が指摘されています。 ひどくなると、痛みや炎症を起こし、歩行困難となったり転倒する危険性が増したりして、日常生活に様々な影響を及ぼします。

巻き爪の一例 巻き爪の一例
治療方法

当院では、形状記憶ワイヤー(マチワイヤ)を用いた爪の矯正治療を行っています。 爪に2ヶ所穴をあけ、ワイヤーを通します。切開は行いませんので、麻酔は不要です。 1~2ヶ月に1回程度通院していただき、ワイヤーを入れ替えます。 ワイヤーが元の形に戻ろうとする力を利用して、巻いてしまった爪を少しずつ開いていきます。

早い方ですと、ワイヤー挿入直後から痛みが軽減します。 爪が開いてきて痛みがなくなれば、ワイヤーを外します。

ワイヤー治療 針で爪に穴を開け、ワイヤーを通します。
上から (上から)
前から (前から)
ワイヤー挿入中
靴下などに引っかからないよう、テープで保護していただきます。
料金表 (税込)

当ワイヤー治療は自費診療となります。

初診料 3,300円
再診料 1,100円
ワイヤー1本 4,400円
(1本で3-4回使用できます)
ワイヤー挿入術
(1趾につき)
3,300円
※初回挿入、または2回目以降一旦ワイヤーを外し新たに挿入する場合
ワイヤー調整料
(1趾につき)
1,100円
※ワイヤーを外さずに爪切りやワイヤー切りを行う場合
※ワイヤーを外して処置を行う場合

ワイヤーはご本人用に購入していただきます。
一度購入していただいたワイヤーは次回の処置時に使用できます。
残りがなくなったら再度購入していただきます。

その他

その他、巻き爪に対する保存的治療(コットンパッキングやテーピング法など)、陥入爪(爪が皮膚に食い込み、炎症や肉芽形成が生じた状態)に対する処置(部分抜爪、ガター法、フェノール法など)も行っています。

お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ