臨床研修センター長・プログラム責任者より

長野県厚生農業協同組合連合会
長野松代総合病院
臨床研修センター長・
プログラム責任者 春日 好雄

春日好雄

長野松代総合病院では、従来の大学医局でのストレート研修の弊害といわれていた専門分野以外は診ない、診れない医師の養成ではなく、研修医が、まず医師として必要不可欠な基本的な診療の知識、技能、およびふさわしい品位、人格、倫理観などを身につけ、プライマリーケアを十分遂行できることを目指したプログラムを作成しています。

医師としての出発点で出会った、指導者、環境はその医師のそれからの診療に対する姿勢を決定するとはよく言われることです。 診療の基本は、多くの診療スタッフとともに築き上げる「チーム医療」です。 医療は、患者さんとともに病院職員全体でなしとげるものです。 当院では、「教えることは学ぶこと」のスローガンで、医師、看護師をはじめとして、薬剤師などのコメディカル、医療事務、管理事務スタッフなど全職員が、医師臨床研修に参加し協力しています。 初期研修のスタートから、チーム医療の重要性を体得できるプログラムを用意しています。 厚生労働省認定の指導医講習会にも各科専門医が参加して指導法を学んでおり、その専門医が指導医として研修医にマンツーマンで指導しています。

当院はヘリポートも備えた急性期病院で、高度医療を中心に診療を行っていますが、医療療養型の附属若穂病院や診療所も運営しているため、将来専門医を目指す者、家庭医を目指す者どちらにとっても有意義な研修ができると思います。 さらに信州大学や地域の基幹病院とも協力していて希望者にはまた違った診療内容、たとえばより高度な救急医療などを経験できる用意もあります。

研修医に対するクルズスは年間を通して行っていますが、各診療科の症例検討会、救急事例フィードバックカンファランス、救急症例カンファランス、CPC、講演会も定期的に開かれています。

また、年に最低1編の医学論文の執筆、1回の学会発表を義務としています。 その指導も、日常的に行われており、将来の医師として必ず必要な研究面での基本的な技術も研修中に習得できます。 積極的な研修医の中には全国学会で発表したり、学会誌に採用された例も多数あります。

最後に当院での研修は医学・医療だけでなく、職員旅行などリフレッシュできる行事も充実しています。 当院で初期研修を開始しませんか?

指導医をはじめ全職員で待っています。