指導医

産婦人科

産科部門においては通常の妊婦検診と切迫流早産や妊娠中毒症等の異常妊娠の適切な管理や、他科との連携による合併症妊娠の周産期管理を行っています。 母子の安全性を第一に考えた管理、および分娩の快適性、分娩経過の情報提供、夫や家族の分娩支援をサポートする体制作りに力を入れています。

婦人科部門においては子宮がん検診・卵巣検診による悪性腫瘍の早期発見に努め、良性卵巣腫瘍・子宮筋腫・子宮内膜症の定期的フォローアップを行い、必要に応じて手術療法を行っています。また、更年期障害に対するホルモン補充療法、漢方薬療法を行っています。月経周期異常、機能性出血等の場合のホルモン的な検査・治療や、思春期外来、性行為感染症(クラミジア・ヘルペス・尖圭コンジローマ等)の発見・治療や、子宮脱のフォローアップ等、女性の各年齢層におけるさまざまな異常・疾病に対する診療を実施しています。
産婦人科部長
澤口 啓造

指導医

澤口 啓造

Keizo SAWAGUCHI
澤口 啓造
専門
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医 産婦人科一般
所属
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会