人間ドック

人間ドックについて

人間ドックは日頃の生活習慣を定期的にチェックし、病気の発症を予防します。さらに、発症した病気を早期に発見することを主な目的としています。日頃忘れがちなご自分の健康管理。年に1回は人間ドックを受診し、ご自分の健康管理を振り返りましょう。当院の人間ドックは多くの専門医が直接受診者の診察・相談を担当します。また、保健師による生活指導にも力を入れています。

人間ドック・健診施設機能評価認定 認定78号、日本人間ドック学会

開放的な窓が印象的なロビー 開放的な窓が印象的なロビー。
検査の空き時間や結果説明でお待ちの方はこちらでお待ち下さい。
モダンで清廉な宿泊室 モダンで清廉な宿泊室。『おもてなし』の空間を病院に。
初日の検査終了後はこちらでお休み下さい。
医療情報コーナー 医療情報コーナー。
ドック受診者の皆さまがより身近に感じるために医療情報コーナーを設置。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防のために

特定検診・特定保健指導

メタボリックシンドロームは内臓の周りに脂肪が蓄積(皮下脂肪とは異なります)した状態に加え、高血糖、脂質異常、高血圧症を併せ持つ状態を言います。

この危険因子が重複すると虚血性心疾患・脳血管疾患等の発症が高くなると言われています。

心疾患においては危険因子をひとつも持たない人と比べ、3~4つ保有する方は発症危険度が35.8倍高くなることが知られています。

特定検診はこの危険因子に関わる項目を検査し、メタボリックシンドロームの予備群を確定し、保健指導をして病気を予防するためのものです。しかし、特定検診の検査項目は生活習慣病の1部を検査する内容にとどまっております。

従って、消化器系(胃・大腸等)の検査・胸部検診・婦人科検診等は含まれておらず、がんの発見等生活習慣病全体の検査としては不十分です。

全国的にも肺がんによる死亡率は年々増加傾向にあります(厚生労働省「人口動態統計」)。メタボリックシンドロームだけでなく、他の疾患を早期に発見・予防することも非常に重要です。

長野松代総合病院並びに附属若穂病院では人間ドック・生活習慣病一般検診・市民検診など全てにおいて特定検診に対応した体制を整え、ご利用をお待ちしております。

お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ