長野松代総合病院薬剤部

施設・設備

注射薬払出ロボットシステム

このロボットは、パッと見はただの大きなキャビネット。ですが実に賢いシステムのかたまりです。医師の処方箋に添って、まずコンピューター上で必要な薬品について入力します。そのオーダー情報がLAN経由で送られ、ロボットが各棚から必要な薬品を、必要な数だけピックアップ。注射薬や使用時のラベル、ピックアップしたアイテムが一覧できる伝票も含めて、払い出し用のトレーに乗せてくれるというわけです。薬剤の入ったアンプルがたとえガラス製であったとしても、ソフトなハンドリング技術によって丁寧に扱われ、割れることなく取り出されます。
このロボットシステムのより薬剤師の業務が大幅に軽減されています。

注射薬払出ロボットシステム
薬剤管理指導支援システム

病棟に配置している薬剤師一人に1台のパソコンが用意され、高度な服薬指導を、より充実したものにするため、豊富なデータベースに基づく画面構成や各種帳票発行により、薬剤師が患者さんに服薬指導する際に必要な情報や薬剤知識を一定水準に保つことができます。
患者さんに安心して正確に服用していただけるためのサポートシステムです。

薬剤管理指導支援システム
その他システム
調剤支援システム
注射管理システム
お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ