乳腺甲状腺外科

診療科紹介

甲状腺・副甲状腺の疾患を扱う内分泌外科として診断・治療を行う一方、内科的甲状腺疾患を含めて扱っています。さらに乳癌を主に扱う乳腺外科として診断・治療(外科的、内分泌化学療法)を行っています。

対象疾患

甲状腺癌 甲状腺腺腫 バセドウ病 慢性甲状腺炎 亜急性甲状腺炎 副甲状腺疾患 頚部腫瘍 乳癌 乳腺線維腺腫 乳腺葉状腫瘍 乳腺炎 女性化乳房 など

得意分野とおもな手術・症例数
乳癌

長野市他市町村からの委託を受けて、マンモグラフィおよび超音波検査による乳癌の1次検診を年間2000人以上引き受けています。さらに2次検診として針生検(細胞診および組織診)による早期乳癌の発見に貢献しています。マンモグラフィ撮影および超音波検査は全て女性技師が行い、女性が受診しやすい体制にしています。
原発性乳癌は3テスラのMRI検査を使用して乳管内進展を術前評価して乳房温存率は約55%です。早期乳癌は病理医の協力を得て乳房温存とセンチネルリンパ節生検(一部のリンパ節だけを切除)を行い術後の浮腫、機能障害の予防を行っています。進行乳癌に対しては術前化学療法を積極的に行い良好な成績を上げています。外来化学療法室にて安全に快適に術前、術後の化学療法を昨年は約50人に行いました。
さらに乳房再建は形成外科医と協力して1期的、2期的に行っています。

甲状腺癌

原発性甲状腺癌は昨年は32件で、信州大学病院に次ぐ実績です。重大な合併症はなく、術後の癌死は1%以下と良好です。手術だけでは治らない悪性度の極めて高い未分化癌や低分化癌は信州大学と協力して治療にあたっています。

その他

まれな良性疾患として副甲状腺疾患やバセドウ病の外科治療も年間数例施行しています。

診療実績

2015年度

原発性乳癌 101件
原発性甲状腺癌 32件
乳腺針生検術 267件
甲状腺針生検術 191件
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術 1件
陥没乳頭形成術 4件
診療体制

日本外科学会の指導医・専門医、日本内分泌外科学会内分泌・甲状腺外科専門医、日本甲状腺学会の甲状腺専門医、日本乳癌学会の指導医・専門医・認定医およびマンモグラフィ認定読影医の資格を併せて持つ担当医およびマンモグラフィ認定読影医(3名)が診断・治療を行います。

診療最前線
スタッフ紹介
  • 春日 好雄
    • 外科統括責任者(統括院長)
    • 乳腺甲状腺外科統括部長
    春日 好雄
    • 1979年医師免許取得
    • 日本外科学会指導医および専門医
    • 日本臨床外科学会(評議員)
    • 日本乳癌学会乳腺指導医および専門医
    • 日本甲状腺学会専門医(評議員)
    • 日本内分泌外科甲状腺外科学会専門医
    • 日本内分泌外科専門医(評議員)
    • 日本甲状腺外科学会(評議員)
    • 日本内分泌学会(代議員)
    • マンモグラフィ認定読影医
    • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
    • 日本医師会認定産業医
    • 信州大学医学部外科臨床教授(兼)
    • 医学博士(信州大学)
  • 渡邉 隆之
    • 乳腺甲状腺外科部長
    渡邉 隆之
    • 2002年医師免許取得
    • 日本外科学会専門医
    • 日本乳癌学会認定医
    • マンモグラフィ認定読影医
  • 横沢 佳那
    • 乳腺甲状腺外科医師
    横沢 佳那
    • 2013年医師免許取得
    • マンモグラフィ認定読影医
お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ