皮膚科・アレルギー科

診療科紹介

皮膚疾患全般を対象としていますが、特に乾癬治療に力を入れています。このほか、食物アレルギーなどのアレルギー性皮膚疾患の診断と治療にも取り組んでいます。

対象疾患

アレルギー性皮膚疾患(蕁麻疹・アトピー性皮膚炎など)、乾癬、乾癬性関節炎、食物アレルギーの診断と治療

診療方針

乾癬について、現在高い評価を受けつつある生物学的製剤(バイオ製剤)を、院内他科との連携により安全に使用できる体制を整えており、遠方からも患者さんが受診されています。このほか、免疫抑制剤やナローバンドUVB治療なども加え、乾癬の寛解維持を図ります。乾癬性関節炎の患者さんも多く受診されておりますが、整形外科と連携し、バイオ製剤を中心とした治療でADLの改善を図っています。

アレルギー性皮膚疾患の病状緩和を目指した治療を積極的に行っており、特に内服を主体とした皮膚アレルギー治療で、安定した状態を維持できる患者さんが数多くおられます。検査についても、プリックテストなどの皮膚テストから内服負荷試験まで行い、原因究明に努めています。

熱傷や褥瘡などの創傷治療も、様々な治療材料を駆使し治療に当たります。特に褥瘡では全身的な要因が関与する例が多いため、院内他科と連携しつつ、原因検索も進めています。皮膚外科や創傷治療については、形成外科とも連携しています。

診療実績

2015年度

生物学的製剤による乾癬治療 35件
皮膚外科手術 58件
プリック/パッチテストなどのアレルギー検査 50件
乾癬などに対するナローバンドUVB治療 55件
診療体制

常勤医師1名と非常勤医師1名で診療を行っています。

診療最前線
スタッフ紹介
  • 瀧澤 好廣
    • 皮膚科・アレルギー科部長 (診療部長代行)
    瀧澤 好廣
    • 1988年医師免許取得
    • 日本皮膚科学会専門医
    • 皮膚科・アレルギー科医師 (非常勤)
    浅井 裕子
    • 2010年医師免許取得
    • 信州大学皮膚科
お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ