形成外科

形成外科手術、美容診療再開について

診療科の特色

形成外科では、主に体表に生じた変形や組織欠損などの形態異常に対する治療を行っています。形態的、機能的にできるだけ元に近い状態に回復させることで、患者さんのQOL(生活の質)を向上させることを目指しています。

対象疾患

熱傷、顔面外傷、四肢外傷(切断指、挫滅創など)、小児先天性疾患、皮膚良性・悪性腫瘍、乳癌術後の再建、瘢痕・ケロイド、褥瘡・難治性潰瘍、眼瞼下垂症、腋臭症、巻き爪、美容診療(しみ治療など) ほか

おもな手術・治療
熱傷 (やけど)

浅いやけど、小さいやけどの場合は、できるだけ短期間で治癒し目立つ傷あとが残らないように、自宅での処置方法やアフターケアについて指導しています。 深いやけどの場合は、皮膚移植術などの外科的治療を行います。 瘢痕拘縮(傷あとによるひきつれ)が生じた場合には、拘縮形成手術(つっぱりやひきつれを和らげるための手術:皮弁法、皮膚移植など)を行います。

顔面の外傷 (顔のけが)

顔のすり傷、切り傷などの処置を行います。 できるだけ傷あとが残らないように縫合方法を工夫し、治ったあとのケア(日焼け予防、テーピングなど)についても指導しています。 顔の骨折(鼻骨、頬骨、眼窩壁など)の整復手術も行っています。

四肢の外傷 (手足のけが)

手指や足のけがの処置(主に皮膚のきず)を行います。犬に咬まれた、トゲが刺さった、ドアに指をはさんだ、爪をひっかけて取れてしまった、などのちょっとした怪我でもお気軽にご相談ください。 指の切断や挫滅創(損傷のひどい傷)、神経損傷、組織欠損などに対する手術治療も行っています。

皮膚、軟部組織の良性腫瘍 (ほくろ、いぼ、しこり、できもの、はれもの)

粉瘤、脂肪腫、色素性母斑(ほくろ)、尋常性疣贅(ウイルスいぼ)、脂漏性角化症(老人性いぼ)、グロムス腫瘍、神経鞘腫など、皮膚や皮下に生じる良性腫瘍の切除手術を行います。

皮膚悪性腫瘍 (皮膚がん)

ダーモスコピーや皮膚生検により、皮膚がんの診断をします。 腫瘍の切除により大きな組織欠損が生じる場合には、皮弁法や皮膚移植により傷をふさぎます。整容面に配慮した治療を行っています。

乳がん手術後の乳房再建

当院は2014年6月に乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施施設に認定されました。 乳腺外科と連携し、乳癌の治療後に生じた変形に対する再建手術を行っています。

陥没乳頭

乳頭が乳輪より奥に引き込まれていると、授乳がうまくできなかったり、乳輪の下に膿が溜まり(乳輪下膿瘍)、腫れや痛みを繰り返すことがあります。 乳頭形成手術によって症状を改善することができます。

小児先天性疾患

生まれつき対表に生じた変形に対する治療を行います。 副耳、埋没耳手術、多指症手術、臍形成手術(臍ヘルニア、臍突出症)、先天性眼瞼下垂症手術などを行っています。

褥瘡・難治性潰瘍 (床ずれや治りにくい傷)

褥瘡(床ずれ)は、軟膏治療や手術療法、局所陰圧閉鎖療法といった傷のケアだけでなく、栄養管理やリハビリ、適切なポジショニングなどが必要であり、多職種が連携して治療にあたります。 また糖尿病性足病変、下肢の血流障害による潰瘍などの治りにくい傷に対して、複合的な治療を行っています。

瘢痕、ケロイド (傷あと)

傷あとのひきつれ、ふくらみ、かゆみなどの症状に対して、外用療法、圧迫療法、注射、手術など症状に合わせて治療を行っています。

眼瞼疾患 (眼瞼下垂症、睫毛内反症:逆さまつげなど、まぶたの病気)

眼瞼下垂症では、皮膚のたるみや、まぶたを開けるための筋肉(挙筋腱膜)のゆるみなど、原因に応じて適切な手術方法を選択しています。 手術により目が開けやすくなり、視界が明るくなります。
睫毛内反症(逆さまつげ)や下眼瞼内反症では、目がゴロゴロする感じがする、涙や目やにが多いなどの症状があります。 手術によってまつげや皮膚が目の表面にあたらないようになると、このような症状が改善します。

原発性腋窩多汗症 (わきの汗)、腋臭症 (わきが、わき汗のにおい)

多汗症には塗り薬や注射の治療、腋臭症には手術療法があります。

爪変形 (巻き爪、陥入爪、肥厚爪)

巻き爪に対するワイヤー治療、陥入爪手術(フェノール法、ガター法、部分抜爪)を行っています。

痛みはないものの、自分で爪を切ることが難しい方のために、自費で爪切り処置を行っています。

おもな医療機器

超音波診断装置、高周波メス、中周波治療器(デルマトロン)、光治療器(IPL)、炭酸ガスレーザー、ドップラー血流計

美容外来

美容外来は完全予約制で診療を行っています。

ご予約・お問い合わせ受付時間 : 平日(月曜日~金曜日)15時~17時
TEL:026-278-2031(代表)

美容外来は自費診療となりますので、一般形成外科(保険診療)と美容診療(自費診療)を同一日に行うことはできません。

診療内容

詳細は美容外来ページをご覧ください。

診療実績

2021年度 : 771件 <うち 全身麻酔 31件、局所麻酔 740件>

熱傷 1件
顔面外傷 49件
四肢外傷 70件
先天異常 13件
良性腫瘍 257件
悪性腫瘍・再建 36件
難治性潰瘍 23件
炎症・変性疾患 52件
美容治療 231件
その他 15件

ほか。

診療体制

常勤医師2名、非常勤医師1名で診療を行っています。必要に応じて専門施設をご紹介させていただきます。

形成外科専攻医研修プログラムについて

当院は信州大学附属病院、富山大学附属病院、横浜市立大学附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センターを基幹病院とした連携施設となっています。
初期臨床研修修了後に形成外科の道へ進むことを考えている医学部生の見学も歓迎いたします。大学病院とは異なる一般病院での形成外科診療を経験することができます。

National Clinical Database への症例登録について

当科では、体系的に登録された情報に基づいて、医療の質改善に向けた検討を継続的に行うことを目的にNCD(National Clinical Database)への症例登録を行っております。

専門医制度と連携したデータベース事業についてPDF

診療最前線
知っておきたい診療技術
教えて!ドクター
スタッフ紹介
  • 宮澤 季美江
    • 形成外科部長
    宮澤 季美江
    • 2005年医師免許取得
    • 日本形成外科学会専門医・指導医
    • 皮膚腫瘍外科分野指導医
    • 日本創傷外科学会専門医
    • 乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
    • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 星野 夕紀
    • 形成外科主任医師
    星野 夕紀
    • 2011年医師免許取得
    • 日本形成外科学会専門医
    • 形成外科医師 (非常勤)
    立花 岳
    • 2020年医師免許取得
    • 富山大学形成外科
お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ