心療内科・精神科

診療科紹介

総合病院の心療内科・精神科として、うつ病、パニック障害、認知症など多様な心の病を対象として診断・治療を行うとともに、他科との連携によるコンサルテーション・リエゾン活動を行い、全人的医療を実践致します。

対象疾患

心療内科外来診療の主な対象は軽症・中等症うつ病、身体表現性障害、パニック障害、認知症です。

診療の特色

心療内科・精神科の疾患を診断する際には、器質的病変による疾患を鑑別する必要があります。 そのため、初診時には、背景としての生活史や性格などを詳しくお聞きするとともに血液検査や画像検査などを実施し、器質的疾患の鑑別を行います。 その上で、生活に支障を来たす程の強い抑うつ気分や不安・緊張、あるいは食欲不振、頭痛、パニック発作などの症状に対して、精神療法および必要時には睡眠薬や精神安定剤などを用いた薬物療法を実施致します。 また、器質的疾患や身体疾患に伴い出現している精神症状については、他科と連携して診療致します。 いずれの診断であっても、「その人らしさ」を取り戻すことを基本理念とし、謙虚さを忘れず、納得のいく医療を提供できるように努力して参ります。

診療体制

常勤医師1名と非常勤医師1名で診察を行っています。外来診療は完全予約制のため、患者さんをご紹介いただく際は事前に病診連携室までご連絡ください。

スタッフ紹介
  • 福家 知則
    • 心療内科・精神科部長
    福家 知則
    • 2009年医師免許取得
    • 日本精神神経学会精神科専門医
    • 精神保健指定医
    • 心療内科・精神科医師 (非常勤)
    長峯 清英
    • 元長野松代総合病院 心療内科部長
    • 1989年医師免許取得
    • 日本精神神経学会専門医
    • 日本心身医学会専門医
    • 日本東洋医学会専門医
お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ